会社経営の基本〜計画・戦略・理念〜 

【金運石】社長・経営者のための最高純度の金運石(8mm)

会社経営の基本をわかりやすく、わかりやすく解説します。社長を目指す方、新米社長さん必見です。

サイトマップ

イノベーション

●技術革新に適応できない大企業

一般的に、卓越した経営を行う大企業は、次のような経営手法を堅持していています。



@利益率の高い顧客のみに集中することで、投資家を満足させる。

A小規模な市場は扱わないことで、高い成長を維持する。

B事業を綿密な分析から得られた経営計画に基づいて推進する。

C組織は既存市場に最も適応した形態をとる。

D技術等の投資を積極的に行い、既存市場での顧客の選択基準(性能等)を満たす。

しかし、このような優れた経営手法は、従来の企業経営においては有効に機能しましたが、破壊的イノベーションと呼ばれる、次のような特徴をもつ技術革新には適応できず、敗退してしまうケースが多いことが、分析によって明らかになっています。

@当初は大企業が参入しない特定のニーズのある、利益率の低い顧客向けである。

A当初は大企業が注力する、主要市場のニーズを満たすための信頼性や技術等が劣っている。

B技術革新により既存技術と差異がなくなり、大企業が集中してきた顧客の選択基準を変えてしまう。


●破壊的イノベーション

既存のブラウン管(CRT)ディスプレイと、液晶ディスプレイ(LCD)の例は、破壊的イノベーションについて、わかりやすく説明するための好事例でしょう。

液晶はブラウン管に比べて、省スペース、省電力です。

しかし、当初は製造コストが高く、表示性能も低かったため、計算機やデジタル時計など、小型で単純な一部の商品のみでしか採用されず、テレビやPCでは、長い間、ブラウン管が主流でした。

ところが、製造コストが低下し、表示性能が著しい向上すると、携帯電話やノートPCへとその市場を着実に広げていきました。

そして、ブラウン管技術が進化を続けている一方で、液晶技術はそれを上回る進歩を遂げ、2006年第2四半期には出荷台数の99.9%を液晶ディスプレイが占めるようになりました。

破壊的イノベーションは、大企業にとっては脅威である一方、これから市場を開拓するベンチャー企業にとっては、競争に勝ち抜くカギとして注目されています。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
会社の種類
旧商法と会社法
株式会社
会社の機関
合同会社・有限責任事業組合
会社は誰のもの?
株式公開
企業の社会的責任
経営のはたらき
会社経営の勝ち組になるための条件
経営者の役割
日本型経営システムとグローバルスタンダード
勝ち組になるための経営戦略
経営戦略策定のための3つのプログラム
経営理念のミッションとビジョン
事業ドメイン
バリューチェーン
SWOT分析
コア・コンピタンス
事業の成功要因
戦略シナリオ
中・長期経営計画
短期経営計画
組織目標・個人目標
コーポレートガバナンス
企業の合併と買収(M&A)
提携(アライアンス)
イノベーション
個人情報保護
知的財産保護
グローバルスタンダードとISO
バランストスコアカード
シナリオ・プランニング
ゲーム理論
会社再建法制とターンアラウンド
内部統制構築
マーケティング
セグメント・マーケティング
差別化・ポジショニング戦略
AIDMA理論
価格戦略
ブランド・エクイティ
ネットワーク効果
バイラルマーケティング
CRM
サプライチェーンマネジメント
TOC
コンカレント・エンジニアリング
セル生産方式
組織
ピラミッド組織とフラットな組織
エンパワーメント
ネットワーク型組織
プロジェクト組織
成果主義
モチベーションとインセンティブ
人事育成
コンピテンシー
ナレッジマネジメント
企業年金・退職金制度
CEOとCOO
執行役員・執行役制度
持株会社制度
国際会計基準
キャッシュフロー経営
キャッシュフロー計算書
価値創造経営
連結決算
連結貸借対照表
連結損益計算書
時価会計・減損会計
投下資本利益率・株主資本利益率
損益分岐点
法人税・税効果会計
ネットビジネス
ブロードバンド
企業資源計画
ASPサービス
モバイルサービス
注目の新サービス・新技術
決算書の見方、使い方、経営分析コース【プロ経理養成講座】
全てのネットショップ経営者に送るネットショップ開店・運営マニュアル
銀行・会計事務所出身の財務コンサルタントが書いた経営努力しなくても銀行が融資したくなる決算書作成マニュアル
「がんばろう!日本「勝利で導く経営でいい会社を創る」講演会 最強タッグ3人によるエクセレントカンパニー(いい会社)の作り方
ゆうちょ銀行 住宅ローン 金利



会社経営の基本〜計画・戦略・理念〜 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。